歯の黄ばみの原因と対策~コーヒー、お茶、食事、加齢の影響とは?生まれつきの場合も?

    

コーヒー歯が変色してしまう大きな原因のひとつにタバコによるタールが挙げられますが、実はそれ以外にも原因がたくさんあることはご存じでしょうか。私たちが毎日生活していくうえで、歯の黄ばみの原因となる行為を知らず知らずのうちに行っているかもしれません。

歯の黄ばみはどのような原因で起こるのでしょうか。またそれらの黄ばみは解消する効果的な方法とはどのようなものなのでしょうか。



歯の黄ばみの原因にはどんなものがあるの?

歯が変色してしまう大きな原因はタバコのヤニ。タバコのヤニはタールであり、ねっとりとからみ付いてなかなか取れにくい頑固な汚れです。

そんなタバコのヤニに次ぐ、さまざまな歯の黄ばみの原因があるのをご存じでしょうか。色々とある原因の中でも、このような原因に注意しなければいけません。

タンニンが多く含まれる飲み物を飲む

タンニンはポリフェノールの一種。このタンニンを多く含む飲み物といえばこのようなものが挙げられます。

  • 紅茶
  • コーヒー
  • 緑茶
  • ワイン
  • ビール
  • ウーロン茶など

タンニンを多く含む飲み物を良く飲むと言う人は要注意。歯の表面にはペクリルタンパク質というタンパク質が覆っていますが、タンニンはこのタンパク質ととても結びつきやすい性質を持っています。そのため、歯に色が付きやすく、また取れにくくなってしまうのです。

着色料入りの食べ物を食べる

カレー食べ物の中には着色料が配合されたものがあります。着色料は色を付けるための成分のため、当然歯にも付着しやすくなります。着色料の入った代表的な食べ物はこのようなものが挙げられます。

  • かき氷のシロップ
  • カレールー
  • ケチャップ
  • ソース
  • 醤油など

ベリー系フルーツを食べる

ベリー系の食材にはアントシアニンという成分が多く含まれています。アントシアニンは赤紫色の色素で、ステインの原因となると言われています。

  • ブルーベリー
  • ビルベリー
  • チェリー
  • ザクロなど

酸が多く含まれている食べ物を食べる

酸味のきいた食べ物には酸が多く含まれており、歯をくすませる原因のひとつです。その理由に酸が歯の一番表面の層を溶かしてしまうため、汚れや色が付着しやすくなってしまうと言われています。



飲食以外の原因はあるのか

歯が黄ばんでしまう原因の多くはタバコのヤニや黄ばみやすい飲み物や食べ物ですが、実はそれ以外にも歯を変色させてしまう原因があるのです。その原因とは、このようなものが挙げられます。

加齢によるもの

カレー若いころは白い歯であったにも関わらず、年齢を重ねることで歯が黄ばんでしまったという人は多く見られます。加齢による原因です。

歯は一番上に硬く神経のないエナメル質、そしてその下に象牙質という風に、何層かの層によって構成されています。年齢を重ねることで、一番上の層であるエナメル質がはげ、その下の象牙質が顔を見せるようになります。それによって、歯が黄ばんでいるように見えるのです。

遺伝によるもの

通常、歯が生えてきたばかりの赤ちゃんの歯が真っ白で、黄ばみはほとんどありません。エナメル質にしっかりと覆われ、また歯を黄ばませてしまう飲食をしないため、変色することはないのです。

ですが、中には生まれつき歯が少し黄ばんでいる人もいます。それは遺伝です。親からの受け継いだ遺伝子の結果、歯に多少の色が付いているという子供もいます。



効果的なホワイトニング方法と、やっては行けないNG行動

食事やお茶、または加齢などさまざまな歯の黄ばみの原因に効果的な方法といえば、効果を期待できるホワイトニング剤を使用することです。

  • 歯を白くする有効成分をふんだんに配合していること
  • 子供でも使用できる安全性があること
  • 黄ばみと同時に発生しやすい口臭予防もできること
  • 厚生労働省が認定した医薬部外品であること

これらの条件をクリアするホワイトニング剤を使用することが大切。効果の薄いものを使用しても結果はでません。

また、研磨材がたっぷり入った歯磨き粉でゴシゴシ磨いてしまうことは絶対にNG。研磨材入りの歯磨き粉は歯の表面や歯茎などの周辺部分を傷つけ、症状を悪化させてしまう恐れがあるからです。



おすすめホワイトニング剤

効果的で条件を満たすホワイトニング剤に出会うことが、歯の黄ばみ解消の大きなきっかけとなりますが、それらの条件を満たす、ピッタリとホワイトニング剤があります。

ちゅらトゥースホワイトニング

このホワイトニング剤は、研磨剤入りの歯磨き粉でゴシゴシやっていたころとは段違いに歯を白くしてくれます。
まずは配合されている有効成分の豊富さ。ちゅらトゥースホワイトニングにはこのような有効成分が含まれています。

  • ポリアスパラギン酸
  • ビタミンC
  • リンゴ酸
  • GTO

また、歯茎の腫れや歯肉炎、口臭などを予防するアラントインやシメン-5-オールなども配合。口内の健康を総合的に維持してくれます。その安全性から、6歳以上なら子供でも使用可能です。

そして医薬品に準ずる医薬部外品認定されているため、その効果も折り紙付です。



まとめ

歯を変色させてしまう理由は色々とありますが、タバコのヤニだけでなく、毎日の食事にもとても影響されてしまいます。また、年齢や遺伝など、自分では改善できないものもあるため、ホワイトニング剤を上手に活用し、白く美しい歯を取り戻すことが大切です。

ホワイトニングと同時に、歯を黄ばませる性質のあるものを避けたり、また食事のあとすぐに歯を磨くなどと予防にも気をつけてくださいね。

よく読まれている記事